極薄ウォッチってど~よ

丸岡一郎丸岡一郎 ハリウッドのどんちゃん騒ぎをこよなく愛するお父さん兼フリーライター。愛と冒険への探求はやまず。


誰もがスマホを手にして生活するようになる中、腕時計の存在感はやや薄れてきました。
とは言っても、なければ心配にもなります。
そこで、お手軽な極薄・軽量な腕時計を調べてみました。

気分転換に時計がほしいなあ。
普段使いの手頃なやつがほしい。
でも、お金をかけるならスマホにかけるほうがいいかも。
そんな時に読んでください。

スマホに主役を奪われる腕時計

みんながスマホをいつも携帯するようになると、腕時計の出番は減っていきました。
時計の代わりにスマホで時間を見るようになりました。
特に女性はその傾向が強いようです。
だって、腕時計って、じゃまくさいですから。

フォーマルな場ならば、相応のピアジェやロレックスのような時計をするのが理想的です。
(私には買えませんが・・・)
特にピアジェからは数百万もする極薄ウォッチが販売されています。

そんな夢の話はさておいて、ここでは庶民にも手が届く腕時計を探してみました。

必要な機能は何か

製品を紹介する前に、いったい必要な機能が何かを考えておきましょう。
なぜなら、機能を絞れば絞るほど薄く、軽くなるからです。

スマホと一緒に使うなら、必要な機能はたった一つ、すぐに見えるアナログ時計でしょう。
それ以外の機能はすべてスマホで実現できるはずです。
日付も要りません。
さらに、ムーブメントは機械式(手巻き・自動巻き)でなく、クォーツにしましょう。
ソーラーも電波も、小型化の敵になってしまいます。
クォーツならムーブメントは日本メーカー製以外は考えにくいですね。

最後に、値段の割に見栄えがいいこと、これが大切です。

次に、海外ブランド、日本ブランドから、よさげな製品を紹介しましょう。